函館バスからのお知らせ

 2019年8月22日
1系統:函館山登山バス時刻変更のお知らせ(令和元年9月1日)


 いつも函館バスをご利用いただきまして、まことにありがとうございます。
 標題の件につきまして、令和元年9月1日(日)より、1系統:函館山登山バスの運行時刻が変更となります。
 これからの季節、日没時間がだんだんと早まって参りますので、夕方の早い時刻からバスの運行をいたします。

 こちらの函館山登山バス、夜景を見に行くため、日没後にご乗車になるお客様が大変多くいらっしゃいますが、夕方の少し早めの時間からご乗車いただき、昼間の景色から夕焼け、そして夜景へと変わっていく様子を山頂から見ていただくのも、なかなか風情があり、おすすめです!
 特に、5合目以降にご覧いただける函館湾をはさんだ向かい側、北斗市の山々に夕日が沈んでいく様子は圧巻!ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか??

 〈1系統:函館山登山バス 時刻変更について〉
 変更日:令和元年9月1日(日)
 ※運行経路ならびに乗車料金に変更はございません!

 PDFファイルはこちら英語VERもございます。
 

 
トップ
 2019年8月20日
サイクリングバス運行につきまして


日頃より函館バスを御利用いただきありがとうございます。

10月5日(土)にサイクリングバスの貸切のご用命をいただきましたので、当日26系統は運休となります。
 
ご理解の程よろしくお願いいたします。
トップ
 2019年7月24日
【ノーマイカーデーキャンペーン】
IC定期券割引販売のお知らせ

お財布にも環境にも優しい!ノーマイカーデーキャンペーンで定期券をオトクに買いませんか?



 いつも函館バスをご利用いただきまして、まことにありがとうございます。

 標題の件につきまして、函館バスでは「ノーマイカーデー」キャンペーンへの取り組みとして、IC定期券の割引販売を行ないます。
 「バス専用昼間フリー定期券」や「バス専用一般エリアフリー定期券」が対象となり、キャンペーン期間中は大変お求めやすい価格となっております。
 この機会にぜひご利用されてみてはいかがでしょうか?

 〈ノーマイカーデーキャンペーン期間中の定期券割引販売について〉

  販売期間
  令和元年7月28日(日)~令和元年9月30日(月)
  ※販売対象は令和元年8月1日(木)~令和元年9月30日(月)の有効開始分(販売対象期間中のいずれかの日付から使用できる定期券)

  販売場所
  函館バス駅前案内所、函館営業所、昭和営業所、日吉営業所

  販売価格
  ①バス専用昼間フリー定期券
   通常価格¥7,650-のところ、¥5,000-
  ②バス専用一般市内フリー定期券
   通常価格¥12,000-のところ、¥10,000-
  ③バス専用一般ワイドフリー定期券
   通常価格¥18,000-のところ、¥15,000-

  注意点
  ※ICAS nimocaならびにnimocaへ搭載する定期券として販売いたします。いずれもお持ちでない方は、別途カードデポジット代として\500が必要となります。
  ※「バス専用昼間フリー定期券」は、午前9時30分から午後4時までに利用される場合にお使いいただけます。

 詳細はこちら(PDFファイル)よりご覧ください。

 
トップ
 2019年7月2日
ICAS nimocaの乗継割引について


 いつも函館バスをご利用いただきまして、まことにありがとうございます。
 標題の件につきまして、函館バスにて交通系ICカードのICAS nimoca(イカすニモカ)される場合、オトクな乗継割引が適用されます。
 適用の条件や内容につきましては、こちらのPDFファイルか、弊社ホームページ > 乗継制度についてのページ(「ICAS nimocaの場合」の欄に記載がございます)にてご確認ください。
トップ
 2019年6月24日
8系統改正のお知らせ(令和元年7月1日改正)


 いつも函館バスをご利用いただき、まことにありがとうございます。
 標題の件につきまして、令和元年7月1日(月)より、航空便の到着時刻の変更に伴い、弊社8系統の函館空港発便におきまして時刻改正を実施いたします。
 ご利用の際はお間違えの無いようご注意ください。

 〈8系統改正について〉
 改正日:令和元年7月1日(月)
 内 容:現行11:40発 → 改正後11:50発へ時刻変更

 (PDFはこちら
トップ
 2019年6月19日
令和元年8月4日(日)よりサイクリングバス 大沼線へ [続報]
日頃より函館バスを御利用いただきありがとうございます。
多くのお客様に御利用いただいておりますサイクリングバスですが、このたび現在の函館江差線から新規路線の函館大沼線に変更いたします。
系統番号は26系統として、毎週土、日、祝を運行いたします。
自転車利用者は、もちろんのこと大沼方面にお出かけになる方など、どなたでもご利用できます!
その他詳細及び貸切のご相談等ございましたら、お気軽に0138-51-3137函館営業所までお電話願います! 

PDFはこちら! 

 


トップ
 2019年5月31日
営業所移転のお知らせ


いつも函館バスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
函館バス「森案内所」ですが、6月1日(土)よりJR森駅舎内(茅部郡森町字本町6-2)に「森出張所として」移転致します。
移転に伴う時刻改正、運賃の変更等はございません。
引き続き函館バスをご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
トップ
 2019年4月16日
サイクリングバスご利用者様の声



平素より、函館バスをご利用いただき誠にありがとうございます。



さて、46日より運行を開始しております、自転車積載可能バス「サイクリングバス」ですが、おかげさまで、大変ご好評をいただいております。

このたび利用者様から、ご感想をいただきましたのでその一部をご紹介させていただきます!!

・自転車の旅が楽になったうえ、移動時間が自動車と同じくらいまで短縮できた。
・江差からの帰り道のトンネルや夜間の自転車の安全性が向上した。
・バスの利用回数が増えた。
・自転車の安全性を考慮されたバスで大変良かった。
・北の大地(北海道)にぴったり合う車両でした。

以上、お客様からいただいた声でした。

これからも、多くのお客様にご利用していただけるよう精進していきたいと思いますので、ご利用の程よろしくお願いいたします!

トップ
 2019年4月15日
函館山登山バスが本日より運行開始!!


 いつも函館バスをご利用いただき、まことにありがとうございます。
 本日より、1系統:函館山登山バスの運行を開始いたします!

 函館駅前を出発してから函館山山頂までのおよそ30分、車窓より観光名所もご覧いただけます。
 また、函館バス専用乗車券「カンパス」、市電・バス共通1日・2日乗車券のオトクな各種乗車券のご利用も可能です。

 見どころたくさん!オトクな函館山登山バス!みなさまのご利用を心よりお待ちしております!

 (1系統:函館山登山バス 時刻表はこちらから)
 
トップ
 2019年3月31日
45系統運行のお知らせ(平成31年4月1日より)


 いつも函館バスをご利用いただき、まことにありがとうございます。
 平成31年4月1日(月)より、新規路線「45系統」の運行を開始いたします。

 ?45系統って?
 *昭和ターミナル⇔ポールスターショッピングセンターを結ぶバスです!
 *蔦屋書店、津軽海峡フェリーなど、お問い合わせ&ご利用の多い施設を結んでおります!
 *料金は通常乗合運賃で、IC定期券のご利用も可能です◎
 *平日、土曜・日曜・祝日、毎日同じ時刻で運行しております!

 みなさまのご利用を心よりお待ちしております!
 (PDFファイルはこちらから)

 
トップ
 2019年3月31日
ポケット時刻表データにつきまして


 いつも函館バスをご利用いただき、まことにありがとうございます。
 2019年4月1日改正時のポケット時刻表につきまして、今現在は各所にて通常配布を行なっております。
 ポケット時刻表のデータが必要なお客様におかれましては、こちらよりご確認ください。
トップ
 2019年3月31日
4月6日(土)よりサイクリングバス運行開始!!
サイクリングバス運行開始!!

  いつも函館バスをご利用いただき、まことにありがとうございます。
 
函館バスでは、4月6日(土)より「サイクリングバス」(函館・江差間)が運行開始いたします!
 サイクリングバスとは、車内後方に自転車を10台積み込みできるスペースがあり、
自転車好きな方、これから自転車を始める方等どなた様でもお気軽にご利用可能となっております!
料金は、通常のバス運賃の他に500円頂戴いたします。
 詳細につきましては、下記図を参照願います。

 

 また、冬季期間にこのバスはトランスフォーム?!予定となっておりますので乞うご期待下さい! 


チラシPDFはこちら→サイクリングバス
 
トップ
 2019年3月28日
平成31年度夏期観光路線バスについて
函館山登山バス、函館山ロープウェイシャトルバス、元町・ベイエリア周遊号、五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス


 いつも函館バスをご利用いただき、まことにありがとうございます。
 標題の件につきまして、平成31年4月1日より運行いたします、観光路線バスのご案内を申し上げます。
 なお、観光路線バスにつきましても、同日より新たに系統番号を付与し、行き先表示等も変更となりますので、バスをご利用の際はご注意ください。

 ①函館山登山バス ⇒ 1系統
  ※函館山登山バスは、函館山登山道開通日の4/15から運行いたします。
  (PDFファイルはこちら
  

 ②函館山ロープウェイシャトルバス ⇒ 2系統
  (PDFファイルはこちら
  

 ③元町・ベイエリア周遊号 ⇒ 3系統
  (PDFファイルはこちら
  

 ④五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス ⇒ 5系統(函館駅前⇔函館空港)、5A系統(函館駅前⇔函館牛乳あいす118※土日祝のみ運行)、5B系統(函館駅前⇔五稜郭タワー※土日祝のみ運行)
  (PDFファイルはこちら/平日・土日祝で分かれております)
  
  
  


 平成31年3月 函館バス株式会社
トップ
 2019年3月7日
2019年4月1日からの 定期観光バス 函館夜景号の運行について

定期観光バス「函館夜景号」の2019年4月1日からの運行について


ご好評をいただいております定期観光バス「函館夜景号」の2019年4月1日からの運行についてのご案内です。

2019年4月1日~9月30日におきましては夏期間の運行内容となりますのでお日にちによって行程が異なります。

A. 2019年4月1日(月)~4月15日(日) ロープウェイ利用による山頂までの登山 
B. 2019年4月15日(月)~9月30日(日)バス乗車による函館山山頂までの登山 

上記Bの期間におきましては函館山登山道が天候などの事情により開通にならなかった場合は運休となります。

また、全ての期間におきまして台風等の悪天候により運行できない場合がございますがご了承ください。

ご希望のご利用日の行程をご確認の上、お申込みいただけますようお願い申し上げます。


詳細のお問い合わせや、ご予約の際は下記電話番号へご連絡ください。
函館バス株式会社 函館営業所 TEL(0138)51-3135 営業時間8:00~19:00

PDFはこちらから→2019/4/1~2019/9/30

トップ
 2019年2月18日
2019年4月1日より系統番号が変わります。

2019年4月1日より函館バスの系統番号が変わります。

平素より函館バスをご利用頂き誠にありがとうございます。
2019年4月1日より、利便向上のため函館バスの全系統に番号を付番し現在の路線(名)番号から新しい番号へと変わります。
つきましては下記内容をご理解頂きまして引き続きご利用頂けますようお願い致します 。

◆主な変更点◆
1.番号が無かった系統にも番号が付きます。

2.枝線や循環する方向がある路線はアルファベットで区別します。

3.函館市内・近郊路線は番号二桁

  郊外路線は番号三桁

  観光路線等は番号一桁
変更のお知らせについてはこちら→系統番号が変わります
 
また、番号については各方面別で分けております。
函館市内・
近郊
10番台 上磯方面
20番台 大野方面
30番台 七飯方面
40番台 亀田本町方面
50番台 赤川方面
60番台 鍛冶方面
70番台 花園方面
80番台 深堀方面
90番台 根崎方面
200番台 鹿部方面
300番台 森・砂原方面
400番台 知内方面
500番台 松前方面
600番台 江差方面
700番台 北檜山方面

方面別MAPのPDFはこちら→MAP

上記に伴いバス車両の行き先表示内容についても表示位置などを変更致しました。


系統番号の一覧については下記にてご確認下さい。
一覧PDFはこちら→新旧路線系統名対照表

トップ
 2018年8月9日
バスタビ北海道第3弾!函館バス江差木古内線で日本遺産江差へ!
バスタビ北海道第3弾!函館バス江差木古内線で日本遺産江差へ!  

北海道バス協会×北海道ファンマガジンによる
路線バスだけを使って北海道を旅する企画「バスタビ北海道」。

第三弾 は、道南の木古内から江差までを函館バスにて運行の路線バス「江差・木古内線」にて巡っていただきました。
路線バスを利用しての、温泉アリ、おいしいお食事アリのプランが紹介されていますので、
みなさまの旅の参考にもぜひ一度ご覧ください。

映像は下記URLよりご覧ください!
https://pucchi.net/hokkaido/plan/bustabi-esashi.php


楽しい旅が
できそうバフ♪


バスの赤ちゃん
 カンバーくん
トップ
 2018年3月21日
新バスロケーションシステムを稼働致します
新バスロケーションシステムを稼働致します  
日頃より函館バスご利用いただき誠にありがとうございます。

平成30年3月22日(木)より新バスロケーションシステムを稼働いたします。
新しいシステムにつきましては22基の市内バスロケーション対応バス停への表示、
4台の大型ディスプレイによる表示、個人のお客様向けにはスマートフォン・タブレット・
PC等の端末より路線案内、接近情報をご確認頂く事ができます。

また、今回新たに言語表示を選択でき日本語と英語での表示が可能となりましたことと、
乗り換え案内が可能となりました。(乗り換えにつきましては2路線にまたがる場合のみとなります。)

尚、モバイル・PC等の操作方法につきましては下記より端末操作説明書をダウンロードの上
ご確認頂けますようお願い申し上げます。

便利になった函館バス・バスロケーションシステムを是非ご利用ください 。
操作説明書はこちらから→操作説明書PDF

Androidアプリ「バスガイド」についてもサービスが終了となります。
 新バスロケーションシステム接近案内検索用URL

スマートフォン・タブレット・PC
https://hakobus.bus-navigation.jp/

 携帯電話
http://hakobus.bus-navigation.jp/

トップ
 2018年2月21日
【重要】IC定期券導入に関わるお知らせ・及び乗車券販売終了について

 !新入学時期は窓口が大変混雑いたしますので、事前の購入をオススメいたします!


 日頃より、函館バスをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

 函館バスでは、「定期券サービス」について、平成30年4月よりICカード「ICAS nimoca」へ統合いたします。

 ICカードによる定期券のサービスを開始するにあたり、従来の区間定期券とは別に、指定エリアを自由に乗降できる定期券など、新規販売定期券を販売いたします。

 ICカードによる定期券の運用開始予定日は平成30年4月1日発売開始予定日は1ヶ月前の平成30年3月1日となっております。

 なお、今現在お使い頂いている定期券につきましては、券面に記載されている有効期限までお使いいただけます 

 またICカード・ICカード定期券導入に伴いまして販売終了する乗車券類は下記となります。
 平成30年3月31日で販売終了となります。
 バスカード ¥1,080(販売額¥1,000)
 バスカード ¥2,200(販売額¥2,000)
 バスカード ¥3,420(販売額¥3,000)
 バスカード ¥5,800(販売額¥5,000)
 学割カード ¥9,990(販売額¥7,000)
 紙式回数券(¥1,000 / ¥2,000)

 詳細につきましては、こちらよりご覧ください。

 

 〈IC定期券導入に関わるお知らせ〉

  1.定期券の様態変更について

  2.定期券のご利用方法変更について

  3.定期券区間外への利用について

  4.新規販売定期券について

  5.既存販売定期券について

  6.その他サービス変更について

 

 〈IC定期券販売場所〉

  1.函館バス定期券

   →函館バス各営業所、案内所

  2.函館市電定期券

   →函館市電駒場乗車券販売所

  3.函館バス・函館市電乗継定期券

   →函館駅前バス案内所

   →函館市電駒場乗車券販売所

  〈IC定期券:函館バス定期券の料金について〉
   詳しくはこちらからご覧ください。
   ※「函館市電定期券」、「函館バス・函館市電乗継定期券」の料金につきましては、お問い合わせください。

 〈お問い合わせ〉

   函館バス各営業所・案内所にて承ります。


  平成30年2月21日 函館バス株式会社

トップ
 2017年9月7日
【重要】全国瞬時警報システム(Jアラート等)発令時の弊社の対応について

 日頃より、函館バスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 政府から伝達される全国瞬時警報システム(Jアラート等)により、ミサイル発射に関する情報を受信した場合、お客様の安全を第一に考え、以下の対応をいたします。

 【Jアラートが発令された場合】

  ①運行中のバスは、ただちに停車可能な場所で停車いたします。

  ②運行前のバスにつきましては、安全が確認されるまで、運行いたしません。

  ③安全が確認できたのち、停車していたバスや、発車していないバスの運行を再開いたします。

  ④ホームページ上、バスロケーションシステム上での緊急時のバス運行情報のお知らせが遅れる場合もございますので、あらかじめご了承ください。



 お客様には、政府の「弾道ミサイル落下時の行動について」に基づき、落ち着いて行動をしていただきますようお願いいたします。
 多大なご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。


 平成29年9月7日 函館バス株式会社

 (参考)
 「弾道ミサイル落下時の行動について」
 内閣官房 国民保護ポータルサイト http://www.kokuminhogo.go.jp/

 (PDFはこちら
トップ

インフォメーション